2008年 06月27日 (金)   篤姫と来りゃあ
家定公だろうそうだろう。
っつーか、堺雅人さんだろう!!
えぇ、ああいう人、大好きです。
(相変わらず分かりやすい)
演技が素晴らしいよな。

高校時、宮尾文学に入れ込んだ事もあり、「原作押さえてるし、あらすじ知ってるから特別見ないでもいいや〜、大体大河を見せてくれるようなダンナじゃないしな(時代劇に面白さを感じない男)。」と、それほど見る気なかったのですが、お義母さんが「篤姫」にハマってまして、日曜の夕食に呼ばれると、もれなく大河ドラマを見る事になるので、それで初めて今期の大河を見たワケですが・・・初見した途端、家定公が!

なんて"にくいあんちくしょう"な家定公が!

確か原作読んだ時も、家定公にときめきを覚えた気がする・・・せ、成長ねーな、相変わらず・・・。
おぉぉぉお・・・かっくいいぜっつか、現実全然カッコ良くないんだけどなぁ〜。

ダメだ、ひとつ頭抜けてるクセにジツリキ発揮しないまたはできない、脳ある鷹は爪隠すってタイプ、ホントダメなんだよ私(笑)!
以下、ちょっと個人的・主観的語りが入りますので、一応目隠し。

てかね、堺さん自体がどうも好きなラインみたいなんですよ。
ナマモノにはあまり興味がないんですけど、それでもなんとなく惹かれるとか、この人がやるなら見てみたいなぁって俳優さんはいるモンなんです。
二重目蓋パッチリ系カッコいい俳優として、山本耕史さんと岡田准一くん。あ、岡田君は役による所が大きいな(笑)。それ以外で、オダギリジョーさんとか西田敏行さんとか萩原聖人さんとか、そして上記の堺雅人さんとか、ラクダ(@離婚弁護士)も結構好き(笑)。

だからねぇ、本当は「新選組!」、見たかったんですよ。三谷幸喜氏脚本で大河とか、どんな大河だよ!と。
NHK本気なのか?!とツッコむ為にも是非、押さえたかったんですよね〜。でもほら、ダンナがあれだから初回出だしをちらりと見ただけで以降終了っつーか・・・日頃はそういうパターンでも何とも思わないんだけど、「新選組!」だけは本当に見たかったんだ・・・

その昔、相方ちゃんが九州遠征の為、ウチに泊まりに来たんですけど、上のような経緯もあって、「友人の同人誌、お手伝いしたの。同人デビューなんだよ。」とくれた「組!」本は、本当に嬉しかった(以前の日記で描いたあのレポのヤツですね)。ドラマへののめりこみ具合と比例した愛が溢れていて、「あぁ〜これリアルで見たかったなぁ〜!」と後悔ひとしきり。
とにかく市販じゃ不可能な主観を交えた妄想と語り口のテンポ、話題への切り込み方が全くもって素晴らしい本で、「いやぁ批評同人誌はこうでなくっちゃ!」と共感も然る事ながら、いたく感心させられたモノでした。

で、久々に堺さんを拝んだ事で、「『組!』本で、堺さんの山南役、絶賛されてたよな・・・」と思い出し、貰った本を再度読み直したんです。
「そーいえば相方ちゃん、『友人の組!ブログは超大手』って言ってたのに『事情があって未発行』って・・・あれ?どして?これほどの内容なら売れるに決まってるのに。」と今更ながら疑問がふつふつと。
気になる気になる。じゃあネットの海で調べちゃえ!と苦労して調べた結果・・・(ごめん相方ちゃん)・・・冷汗が出るような情報がちらっと・・・もう、それを一見しただけで、全てを理解しました。
あぁ、そうだったのか。そういう事だったのか。それは・・・あぁそうだよなぁ〜これは確かにどうしようもない事だ・・・

なんつーか、自分は常々『同人は、それなりの覚悟と自覚を持ってする』と肝に銘じているのですが、やっぱり同人は簡単じゃないし、また簡単にしちゃいけないんだと思いました・・・

頂いた本は、市販していいんじゃないかと思うほど、良い出来でした。しかも同人といえども、レビュー主体なんですから、私みたいにグレーじゃないんですよ。シロと断定できる本です。でも、それだけじゃダメなんだよね・・・って。

色んな事を包括しつつも、同人界がより良くなればいいんですけどね・・・まだ需要人口が少ない昔だったら、こういう事は起きもしなかったたんだろうなぁ世の中世知辛くなったなとも、あくまで個人的にですけど・・・思いますね・・・。

こういうのって同人だけの問題じゃないんだよなぁ。
世知辛くしたのは、果たして社会なのか、私達の方なのか・・・
実物の出来のよさを知ってるだけに、何ともいえない感情を持った今日この頃でした。



*************************
拍手返信ですよ〜。

★オブラートさん★
どうもありがとうございます〜。GZのゲーム!やった事ありません・・・てか、何でそんなモノ持ってるんですか(笑)!ゲームって、数年前の話でする事じゃありませんよ・・・相変わらず昭和な方だ(笑)。
DVD見てるんですね〜それは良かった!大丈夫です十分GZオタク的に成長しております。おっかさんな私としてはその成長が楽しみですVvうふふ!

2008年 06月25日 (水)   手書きブログ
なるモノが存在する事はかなり前から知っていたのですが、「そんなん描く暇ねぇわな〜」というか、絵板とどう違うのかよく分からなかったので、登録する気が全くなかったというのに、先日なんとなーく思い出してそのまま登録してしまいました。うん何となく。本当に何となく。直描きしないと時代に負けるかしらと思って。←どういう理由だ。

が。

何も描かないまま日にちが経過して行ってます。
意味ねぇ〜。なんだそれ。登録しただけで終わりかよ(笑)。
これから描く事はあるのだろうか・・・何かひとつは描こうよ、瀬川さん。


*************************
拍手頂いてますがお返事もうちょっと待って下さいまし。
今、見積作成とかで日中超忙しいの・・・

周年行事、ちゃんとやれるんだろうか(汗)。TOPネタさえ出してない状態なんだけど

2008年 06月20日 (金)   忘れてないよ
忘れてる方が自分的に都合いいんですが。

え〜7/1に当サイト、4周年を迎えます。わ〜4周年〜意外と続いたわ・・・なんて全然思っていません(笑)。
一生続ける気満開でサイト開設したので、どっちかっつーと「相変わらず新参者だね・・・」という感じです。GZ2次を続けるかはともかく(完結を見据えて話を作っているので)、サイトは存続させたいなぁと思ってる所存です。

そんなワケで、去年はお休みしたけど、今年は周年行事やります。
限定モノ再公開とさしあげモノやオフモノ晒しは例年通りやるのですが、問題はその他のアレですね。1周年はキス絵WEB拍手、2周年はアレ話アンケート。そればっかりじゃん(笑)。

今年は普通に日替わりTOPでもしようかなと思っています。
まぁ普通じゃない日もあるかもしれない。
まだ1個も描いてないからどうなるか分からない。

ウチの周年は結構ボリュームあるので、どぞどぞ、ご期待下さい。
あ、グリーンウッドについては、そのうちつらつら語ります。ってか、ちょっと劇的な事実をね知ってしまったというか・・・いや当然といえば当然なんだが。


*************************
拍手返信です。クリックオープン。

★6/19 1:11の方★
どうも感想ありがとうございます。思いっきり敵意の顔を見せた後に、心を許した笑顔を見せるとか、そりゃあちょっとダメだろ堕ちるしかねぇだろと思いながら描きましたが・・・大人と子供の混在は、私の話に顕著に現れますね。「あぁ確かに」と再確認させて頂きました。なんつかホント、ヒミコ萌えの話ですね(笑)。

2008年 06月18日 (水)   こんなのもあった。

双子の卵!
その後、お弁当の卵焼きになり、息子'sのお口へ美味しく収まった模様。

2008年 06月18日 (水)   トマトマン

画像UPも楽々だ〜い!
これはベランダで栽培しているミニトマト長男用。

2008年 06月18日 (水)   携帯からですよ
携帯からこんにちは〜。
どうだろ上手くいくかな?
これでいつでも入院できる(笑)!

2008年 06月17日 (火)   ラビって!
今日の朝刊に「ラビ」って!!
「ラビ」ってだけで、載ってた〜!!

でグレ、ありがとう!!
もう、ほんっきでありがとう!!

ただそれだけを叫びたかったの。

2008年 06月14日 (土)   みらくるのーとん
只今増量中!!

いやただ言葉にしたかっただけです・・・主人公の設定、可愛いなぁと思って。
18禁はBL・美少女ゲーム、よもやマンガでも手に入れた事はありません・・・
あるのは同人誌だけ(しかも貰い物)

もし手に入れるならあれがいいですあれ、○ぶデス2。ド18禁3D美少女の。
あんな重たいモノできるワケねーよ(笑)。
つか、どこでしろ言うんだ。



*************************
1ヶ月半くらい前に言ってた虎ヒミマンガを上げました〜。
エロい話なんだろうけど、エロはないです。だから期待をしてはいけません(笑)。
ちょろっと思った事があったけど、語りはまた今度〜。
あ、グリーンウッドは次回の日記で。


*************************
拍手メッセとメルフォのお返事です〜。どうもありがとうございます。
☆が拍手、★がメルフォです。

☆琥々さん☆
お久しぶりです〜!オンリーでは失礼をば・・・というか出会いませんでしたね・・・あれか、私が人のSPにずっと引っ込んでいたのがいけなかったのか(そうだよ)。わーいフィエナに反応してもらえた〜当時年齢というかぶっちゃけロリを目指しました。中途半端ですが。
あ、住所ですね。後で携帯にて連絡致します〜。


★うらっちさん★
初めまして〜ようこそようこそ。なんか物凄いお言葉を頂戴いたしまして、ありがたいです。
実は・・・何もしていません・・・このサイトが初めての同人活動です。読み専でもなかったし、ホント同人については新参者もいい所なんですよ〜。うらっちさんの方がよっぽど詳しいハズです。

サイト訪問させて頂きました〜。あぁっいいですね〜!かわいくて頬が弛みますよ〜。いいなぁ、しっかりショタな男の子が描ける方は・・・

しかししかしバンザイ同人もうすぐ20周年このまま取扱サイト増えろって感じですね(笑)。わ〜いお友達が増えた〜Vv近々ブクマに追加させて頂きます。リンクとかそゆの大好きです(分かってる)
声かけ、リンク共々、ありがとうございました〜!

2008年 06月07日 (土)   あの頃のマンガ・その2
夫婦そろって映画の「釣りバカ日誌」が大好きです。
ダンナに至っては、「邦画を映画館で見る気にはならないけど、釣りバカならいい」というくらい。
(それもどうかと思うが)

だってあんなに気楽に見れて、幸せになれる映画、なかなかないですもの(笑)。
スーさんとハマちゃんにはいつまでも元気な姿でいて欲しいので、三国さんと西田さんの健康面は常に心配しています。
タイトルエンドロールは「とりあえずは元気でいこうぜ」がないと「面白かった」感激減で、テンション下がります・・・

どんだけ釣りバカ愛好してんだか(笑)。


*************************
作画スタッフ方面の知識が多い為か、アニメ造詣が深いように思われがちなのですが、全然です。だって実際の作品全く見ちゃいないもの。
アニメが見られる家庭じゃなかったので、幼小中高大(つまり学生時代)、ほんっと〜に見てません。通し見したアニメなんて両手で収まります。現に数えられっから。

一休さん
ヤッターマン
ゼンダマン
ヤットデタマン
逆転イッパツマン
アルプスの少女ハイジ
トム・ソーヤーの冒険
ふしぎな島のフローネ
南の虹のルーシー
ふしぎの海のナディア

ほら収まった(笑)。

一休さん、ヤッターマン、ゼンダマン、ハイジは再放送です。親が仕事から帰ってくる前の放送だったからこそ見られた代物。加えて世界名作劇場だけは親公認だったので、リアルタイムで見ています。しかしルーシー以降は母親が「名作劇場も面白くなくなった」とかなんかで、だんだんと見なくなったんです、はい。興味が大河ドラマにいっちゃったってのもあるだろなぁ(渋い子供)

そもそも我が家、私がチャンネル権を持てる時間が決まってまして、1日30分・・・もない。土日に併せて1時間(しかも姉と共用)。そもそも食卓にTVがない家だったので、必然的にゴールデンタイムの番組って何それ?みたいな。

おまけに小2辺りから、姉と私の交代制で、日曜の夕食当番が割り振られたので、アニメだけでなくTVそもそもと縁遠いというか、これでどうアニメを見るというんですか、ねぇ。
中学時に時間制限はいくらか緩やかになったんですが、それでもアニメなんざ見れるワケねぇんですよ。ナディアなんつーオタクアニメを見られたのはかなり奇跡に近いです・・・あれはね、大学生だった姉が面白がって一緒に見てくれたからです。
(姉はオタクじゃなかったので、アニメ視聴に関してうるさく言われなかった)

因みに我が家にビデオデッキが導入されたのは高校生の時です。この頃は私自身、精神的にかなり不安定な時期でして・・・だんだんオタクへ傾倒していくもんですから、母親が強制的に引きずりあげようと、徹底的に関連の私物を断りもなく捨てられた、泣くに泣けない思い出が(笑)。
そんな頃なので、アニメを見るなんて以ての外。怖くてタイマー予約もできない有様ですがな。それでもサイバーフォーミュラーとママ4の最終回だけは!って、バレるの承知でビデオに撮って見た覚えがあります。THE ど根性。

アニメを見るのが無理だったからこそ、違う方法・アニメ雑誌やムック等で知識を蓄えるしかなくて、故に多くのアニメに関して客観で語る事はできても、主観で語る事は、なかなかできないのが私のアニメにまつわる実情です。って、いやいや今日はそれが言いたかった事じゃない。
(最近そればっかりだな)


でも!
マンガはね、人より実体験あると自負できますから、語ると長いですよ〜(笑)!
アニメと違って媒体が手に収まるからね!人様から借りたり、雑誌の立読、購入、昔からあらゆる方法使って片っ端から読んでます。
つまり、今日の話題は前回に引き続き、またマンガです。
(余談長すぎ)


私の少女マンガファーストインプレッションは幼稚園の頃、花とゆめなんですが、決してそれ以外の少女マンガに出会わなかったワケではありません。
私の世代って「少女はこぞってりぼん愛読者」全盛期ですからね、読んではいるんです。ただ、マンガに求める作品性やネタ、オチ、絵柄の好みが既に(笑)偏ってしまってて、集英社系列での好みのマンガ家さんをなかなか見つけられなかったんですよ。

講談社にいたっては、雑誌そのものから「こりゃあ違うわ」みたいな(すみません)。出会いから成長まで、まるで某国の「ゆりかごから墓場まで」みたく、少女マンガ界の極左(のようなモノだろうw)・花とゆめで育てられた人種ですからね。波長がどーも一ツ橋グループになっちゃうようですな。


ゆえにりぼんマスコットコミックスやKCなかよしを購入した事がないというか・・・
いや「ない」というのは若干嘘です(オイ)
買った記憶が、ない
ですね。
講談社の少女マンガ本で買った覚えがあるのって、里中満智子さんの「天上の虹」と、三浦実子さんの「リターン」しかないです。

・・・しかしなんと言うか・・・「ざ・ちぇんじ」といい、「リターン」といい、私って"性別が不安定"または"男性と女性が共存してしまった状態"の女の子を愛する男っていうのに弱いようで(笑)。それでいて相思相愛になるプロセスを描かれると、無条件OK出しちゃうんじゃないでしょうか(笑)。そうそう自覚してない時期から目が向いちゃってる事実が面白いなぁ。以上余談。
余談になってないよ。


で、そのりぼんで唯一と言っていいほど熱狂的に追っかけていた方がいまして・・・谷川史子さんです。
この方の作品がりぼんに初めて載った時の、私の引き込まれようといったら(笑)!
「あぁ、この人に出会えて良かった・・・りぼん、偉い!偉いぞぅっつか、何故これでりぼん?!」と、勝手にぶーけに移籍する日を心待ちにしていた裏話(りぼんは立読みできないから)

ま、蛇の道はヘビ、ここを訪れる方々には説明不要だとは思いますが、なんつーか、素晴らしいほどのマンネリストーリーテイラーなのですよ(笑)!
典型的な少女マンガなんですけど、それだけにとどまらない魅力と、ありきたりなんだけれどもこの方にしか出せない雰囲気が、作品全てに存在するのです。
しかも「あぁ、谷川さんの話だよなぁ」というマンネリ。そのマンネリをデビューから20年も続けている素晴らしさ・・・キャラや話の積み方が上手いんでしょうなぁ。
「荷物になるし、もう十分この世界を満喫したからいいかな・・・」と、結婚する時にそれまでの単行本を手放したのですが、ふとしたきっかけで再び谷川作品に出会う事になりまして・・・

'07/11/2の日記に書いてますけど、「東京マーブルチョコレート」ってIG20周年OVAのキャラデザを谷川さんがしていらっしゃって、「谷川キャラが動くってどんだけの贅沢よ?!」と、見る気マンマンなんですが、レンタルにはどうも出品がなさそうで(涙)、未だ見られていません。
(つまり買えって事か)
(そういう事らしい)


そのマブチョ(と略すらしい)が公開された頃、谷川さんがスピンオフを描いた某誌をチラッと読みまして、
「あぁ〜変わってないなぁ〜嬉しいなぁ〜やっぱ好きだなぁ〜」って、再確認したんですねぇ・・・
(ずずっと茶をすする)

そんなんですから、ついつい傑作集の文庫と、マブチョコミックスをね、先日買ってしまったのです。
あれだけマンガを買わないよう買わないよう、肝に銘じていたんですけど、ねぇ。
再会の嬉しさには抗えませんでした。

本当に、純粋に少女マンガなんですよ、谷川さんのマンガ。
男の子が、女の子が、日々の延長線で、恋をする。
そのときめきや感動を、きめ細やかに鮮やかに描いてるだけ、なんです。
もうホント、それだけ。
私みたいに「相手をどうやって押し倒す」とか「いつになったらその日が来るんだ」とか、虎視眈々な思春期男子なんか全く出てきゃしねぇです(苦笑)。

でも大好きです。
じれったさや物足りなさを全く感じません。
あまりにも自分が描くモノ、求めるモノと違うのに、どうしてこんなに惹かれるんだろうと考えたんです。

で、谷川さんについてネットをさすらっていた時だったか、それともインタビュー本を読んだかどうだか忘れたんですが、「もういい大人だし、汚い事も知ってるけど」「自分は良心の部分でマンガを描いているのだと思う」「だって読者には気持ちよく読んで欲しいじゃないですか」というような事を言われてまして、「あ〜なるほど、これに惹かれたんだな」と。

なんつか・・・分かってはいる方なんだろうと思います。「それだけで恋愛の全てを語れるワケではない」と。でもそれを「少女マンガだから」と拒否するのではなく、キャラに全て内在させながらも、人が人を純粋に愛する瞬間を切り取り、その気持ちを殊更大事に、飾らない目で描いてるからこそ、温かさや柔らかさがストレートに届くんだな、そこが谷川さんに惹かれる根本なんだろうなと感じたのです。
これって私が「永久保存!」と決める少女マンガに求める、最大条件かもしれない(笑)。ひかわきょうこさんもこの線だし・・・基本がひかわさんと谷川さんってどんだけレベル高くしてるの私。

それで蛇足もいい所なんですが、「あぁいいなぁ・・・やっぱ谷川さんは憧れだわぁ・・・」と、出来心でらくがきマンガを描いたのですが・・・
あんだこれ?みたいな。
やはり私に"谷川さん"は無理(笑)。一生憧れで尊ばせて頂きます。


この次は巷で話題の「ここはグリーン・ウッド」をネタに語ろうかな・・・
因みに私は光流先輩でも忍先輩でもなく、すかちゃんに多大な愛です。
好きなんです。あーいう、真面目いじられ一生懸命空振りキャラ(笑)。


*************************
何故かダンナが山笠に出る事になりました(笑)。
まぁまぁなんとまぁ。因みに神事期間中の約1ヶ月は女人禁制だそうです。

ダ;「触られても触ったらイカンって言われた。」
瀬;「誰が触るっつーの。つか、どこ触るいうのよ。」
ダ;「いや夜ほら、そんな事になったらさ、俺、何もできないけんさ。」
瀬;「そんな事にはなりえません。」

あのさぁ積極的に触った事、今まで1度もありませんから!
アホちゃうか、ヤツは。
ってか、こんな調子だから"谷川さん"、できるワケないのよ私!


*************************
氷室冴子さんが肺がんでお亡くなりになってしまったそうで・・・
あるルートから、「銀の海 金の大地」の続編は無理な事が分かってたので、だからこそ「執筆生活そのものを諦めたのかしら・・・」と思ってたんです。まさか闘病生活を送っていたなんて。

私の青春の原作者様であり、様々な縁のきっかけをくれた方でした。ご冥福をお祈りいたします。

2008年 06月04日 (水)   紛らわしぃわ!
見積、作っています。
(現在進行形)
「弥生が丘」ってどーこにで〜もありそうな住宅地の戸建なんですが、担当がダンナ様でして、不明点を尋ねようとした所、

「やおいがよか、そのままやっていいの?」

と、なんか凄ぇ卑猥な言葉をかけてしまいました。
「ヤオイが良か」とか博多弁丸出しで、しかも「そのまま」「やって」って何がなの瀬川さん。

表面上は動じもせず、普通に言い直したけど、心の中ではお祭り騒ぎでした。
余りにも素晴らしいネタだったので、思わず書き込み(笑)。

2008年 06月01日 (日)   頑張った
と、TOP変えました・・・
本当は中旬に変える予定だったのになぁ。下絵も中旬には完成してたんですが、おウチのPCをじっくりと立ち上げる時間がなかなか取れなくて(21時を過ぎると体力が持たない)
今日は(いつの間にかもう昨日になってた)土曜で仕事は休み、昼寝もできたし、一番問題のダンナが早〜く寝てくれたので、これ幸いとえいえい色付けしました。他にも描けたモノがあるので、近日日記ネタと関連してUP予定です。

明日はお義母さんのお里へ朝から向かう予定・・・
日曜も瀬川家は忙しいなぁ。同人的に忙しいのは全く構わないんだけど・・・
(育児放棄になるじゃん)


*************************
拍手返信です〜。ありがとうございますVv

★オブラートさん★
見事に男の子でした〜。うんまぁ、きっとそういう腹なんですよ・・・
そうそう、三姉妹のパロです(笑)。1年くらい前にWEBで見たんですけど、なんかアニメになってるようですね・・・凄いわ。お気遣いありがとうございます〜。元気な子、産みたいですVv

2006年09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 
2012年02月 06月 07月 08月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月 
2014年01月 05月 11月 
2015年02月 
2016年04月 05月 06月 07月 12月 
2017年01月 02月 03月 
2018年06月 12月