2009年 02月22日 (日)   サヨナラトウキョウ
充実のオフでした!

2009年 02月21日 (土)   タラップから降りたら
そこは東京だった。

こんにちは首都!華麗なる休日の第一歩は…
三男への授乳です。
あぁ母親はつらいよ(笑)。

2009年 02月21日 (土)   銀座の恋の物語
電車にゆられて上京中〜。

今夜はタカナさん宅でおうちごはんの後、相方ちゃんと合流の運びです。
楽しみだ〜!

2009年 02月11日 (水)   やればはやい人
三男の機嫌とお義母さんの視界の隙を見つつ、上京チケットをげとしました(笑)。えぇえぇ、私ってば思い立ったら吉日派なんです。
4ヶ月の子供も一緒なので、+1,000円でワンランク上の座席で行く事にしましたよ。

「上京するから遊んでくれー」と、仲良しのイツキさんに伝書鳩を飛ばしたら、「タカナさんも予定空いてるってー!」との事。忙しい人達なのに、なんて優しいんだ・・・ほろり。
「来週だったら虎&翔のお誕生会だったのにね〜」と、聞き捨てならないニアミス状況なのですが、それでも久しぶりの再会に早くもウキウキ。
待ち遠しいです。


*************************
我が家の現在のマイブームは

「ちょうしんかー!」

です。今更のデジモンね(笑)。
いえね、今見てるんですよ「デジモンアドベンチャー」。もう40話まで来ましたよ。
この前来福した相方ちゃんが見たアニメはなんとこれなのです。
デジモンって進化のシーンが凄く強烈で(SEが特に)、「進化する時の音がありえないね」という感想が相方ちゃんから漏れてました。

今日は今日で三男をお風呂に入れてたダンナが、「超進化ー!グレイモン!」とか言いながらあやしてたよ。
風呂から上がった第一声は、「ワープ進化って何グレイモン?」ですよ。
即答で「ウォーグレイモン」と回答した私も私です。
これ、夫婦で会話する事?
デジモンすっかり我が家を侵略中。
ってか、超進化はメタルグレイモンだよ。

おまけにこれ。

デジモンマウンテン

次男ってば、お友達のおもちゃまで借りてくる始末。
「ママ〜!デジモンのおもちゃがあった!」と次男が嬉しそうに抱えてきた時にはびっくりしましたよ。
「え?デジモン?!なんでそんなモノが今現在存在するんですか?」と、目を疑いました。

話を聞いてみれば、中学生の従兄弟から貰ったモノだそうです。
なんつか大人気だったんだね、デジモン。
つまり普通のご家庭にキャラクター玩具として購入されるアニメだったって事だよなぁ。
それにしても箱付って凄いモノ持ち良い中学生だな!

お友達のお母様曰く、「このおもちゃを見て『デジモン〜!』って反応する子供を初めて見た・・・」
そりゃそうだろうな・・・5歳の子供が「やまと!こうしろうはん!」とか言っちゃう家庭ですからね。そんな事今言ってる子供がいたら、絶対親がオタクですね(笑)。

多分セイバーズまで全制覇します。
そしてその内TEXTが更新される事でしょう(笑)。

2009年 02月08日 (日)   色々と思いついた!
やる事いっぱいたまってるんですけど、やはりというか、生活に追われまくっててオン関係に時間を割く事ができません・・・

赤ん坊同伴の勤務なんで、進行具合がご機嫌次第になっちゃって、仕事の休憩時間にネットを覗くなんて事は今の所不可能なのがちょっと痛いなぁ。

お年賀メールも頂いてるんですけど、個別での返信がかなり遅くなってしまうので、申し訳ないのですが、この場での言葉をお礼とさせて頂きます。

どうもありがとうございました!

でもここ最近、ほぼ月記になっちゃってるから見捨てられてるかもしれない・・・おぉん(涙)。

あ、あと相方ちゃん伝いにTさんから手紙を貰った!
頑張ってるなぁ頑張ってるなぁ彼女も!
「ワタルオンリー来ます?」なんて書かれてたけど、今回は行けません(笑)!
子連れのイベントはもうこりごりだよぅ。
上手い言い訳も思いつかないし、そもそも上京するチャンスがなぃ・・・

い?

あ、れ、そういえば・・・

再来週の懇親会、1泊2日だ、な。

業者相手だから、私、行かなくてよい旅行・・・

ダンナ、家にいないから、母親に上2人預けて、集中してマンガでも描こっかなと思ってたんだけど・・・


もしかしなくても上京できるチャンスじゃん?!


これ逃したら次はいつになるか分かんないよ!

何か俄然上京物語しようと思いつきました。
とりあえず明日チケット取りたいと思います。
子連れでも遊んでくれる人を募集・・・

てゆーか、宿!宿の確保もせなあかんてー!
おぉぉ、赤子一緒でもお宿提供してくれる方も募集・・・
(ずうずうしい)

2009年 02月02日 (月)   こう、ぴったりと
主旨っつーか思想の根本が違うのか、なかなか掴めない人がいまして・・・
「変な人、謎の人」とも違うんです。説明つかない人というか・・・自分の中で「こういう人なんだ」とストンと落ち着かないとでも言えば良いのかしら。言いたい事は分かるんだけどなぁ、その主張に「けど」を思わざるを得ないような感じ・・・かなぁ。いやそんな反発じゃなくて、主張から実像が伴ってこない?う〜ん言い表すのが難しい。

今の所差し障りのない関係なので、ほぼ傍観者でいるのですが、ふとした事でその方の素の姿を見る事ができまして、それに触れた途端、今までの事がするりと身を結びはじめ、「あ、こういう人なのか!」とようやく納得する事ができました。
これで何の疑問もなく、その方の言葉に耳を傾ける事ができます!

人を知るって簡単なようで難しいですね〜。


*************************
しかしちっとも日記が書けないなぁ。
ってかTOPがちっともどうにもならないなぁ。悔しいっスよ。
いやいやTOPどころか同人活動がままならないんですけどね。
でもまぁ、そんな日々送っててもフラストレーションたまる事がなくなっちゃって、数年前の、サイト更新に命かけてた日々はどこへやら(笑)。

ってな事を、我が家を訪れた相方ちゃんに愚痴ったら、
「でも、(子育てが)落ち着いたら描くでしょ?」
と返されました。
思考する事なく
「もちろん」
と口が言いました。
くそぅ(笑)。ヤなとこつく相方だなぁ。

相方ちゃんが来福した土曜の福岡は、年に一度積もるかという大雪の日で、前回の時は大雨と、そんな因果に彼女はちょっと落ち込んだり。「一度も観光してない・・・何か呼んでる?」とか。
なので、「いやいや逆にラッキーだよ、だって年に一度ぐらいしかないんだよ、雪が積もるってさ。」と励ましてやりました。

相方ちゃんと我がダンナは、今回初めてまともに顔を合わせたんですけど、彼女は常にまったりと落ち着いた口調なせいか、「あ、どうもお世話になります。」と、それだけで異邦人から空気となる術を発動、その後一緒に朝飯を食って、長男次男が只今大ハマリ中のアニメのビデオを一緒に見、なんか・・・ホントせっかく福岡に来たのに、思い出がマンガ製作(前回)とアニメ視聴(今回)とか、何やってんだろう(笑)。

ってか、ウチの歓待の仕方に難アリだろ、これ。
いや瀬川的にはこれでいいのか?

そして彼女はレジェンドを作る人でもあって、もちろん今回も期待を裏切らずやってくれました(笑)。

1回目(初回来福時)はうどんに醤油を差し(九州のソレは関東で育った彼女には薄いようだ)、2回目('05大阪オフ会)で酒豪振りを発揮、3回目('06ワタルオンリー)は、東京モンのクセに迷子になるトンチンカンぶりを見せつけ、4回目('08ワタルオンリー)では「ここはジミヘンだろ?」とかいうよく分からない理由で、ジミヘンスタイを懐妊祝いにくれたりと、あははは!並べ立てると凄いね!さすがだね!

故に今回はどんなレジェンドを残してくれるのかと密かにワクワクしてたんですけど、全然そのそぶりを見せないままでした・・・


が。

最後の最後にやってくれたよハイ拍手〜(爆笑)!!

帰りの飛行機はJALという事で、コピー用紙らしきモノを見ながら相方ちゃんは発券機と格闘してるんですけど、うまく発券できない様子。
「あれ〜なんで?ごめんカウンターに行ってみるね〜。」

そしてカウンターに行った彼女が、ほどなくして困惑しながらこっちへ戻ってきました。
なぜならばッ!!


「『お客様、これはJALではなくANAです』って言われた・・・」


どんだけ昔のコントだよ(爆笑)。
なんつーかね、なんだろうねこの方は。天然記念物を通り越しちゃってます。

今日もマイペースで日本のどこかを闊歩している事でしょう。
夢に向かって頑張ってね〜。


*************************
ほんっと!
待たせました〜面目ない・・・メルフォお返事です。

★月見里さん★
マジすんません!1ヶ月も待たせるとかありえない!おめでとうコールありがとうございますって、今更返すのも恥ずかしいあ〜ん(涙)!
でも恥を忍んで返します。ごめんなさい。

月見里さんの自論、面白く読ませて頂きました。なるほどその逆説的疑問から出発してるんですね〜。

今発売されている雑誌「ダ・ヴィンチ」の特集がBL文学でして、分かる事があるかもしれないと購入したんですよ。記事の中に三浦しをんさんと松岡なつきさんの対談があって、実はそれを目当てに買ったようなモノだったんですが、なるほどなぁと思う所が多々ありました。かと言って疑問が解決されたワケじゃないんですけどね(笑)。

やましく読める、匂いを嗅ぎ取るってのは重々分かるんです。ただ、月見里さんの言い回しを流用すれば、「受」を選択する側の気持ちを推し量った時、私は実際の判例を全く知らないワケで、ぶっちゃけて言えば、今まで思考も何もかも全て男だったヤツが、男に「入れたい」「入れてほしい」と思うのは一体どういう事でなのだろうと!私の周りにそんな男いないからこそ、実例がいるならば、もう是非聞いてみたい!と、本気で思うのですよ。

「キャラとキャラが恋愛に至る"特定的な"感情」じゃなくて、もっと根本の、「男と男が恋愛に至る"普遍的な"感情」を理解したいとでも言うべきですかねぇ・・・恋愛する理由なんてのは十人十色ですから、それに"普遍的な"モノを求めるなんてのは矛盾してますけど・・・

でもほら、男性って宝塚とかBLを「うげーワケ分からん」って感じるように、なんつか、概念に自由度少ない人が多いんで、それを鑑みてしまって、だから素直に2次のやおいに妄想が結びつかないんですよね・・・

あぁたらたら意味のない事を繰り返しちゃいましたね。よろしかったら月見里さんもダ・ヴィンチ読んでみて下さい。読んで損はしないと思います。



*************************
音に飢えてるようで、サカナクションとキャプテンストライダムに燃え始めました。
でもキャプストの「風船ガム」は銀魂ver.じゃないと嫌なんだ!
あれのアレンジが好きなんだ!
でももうレンタルにはないんだよなぁ・・・中古を頑張って探します・・・

2006年09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 
2012年02月 06月 07月 08月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月 
2014年01月 05月 11月 
2015年02月 
2016年04月 05月 06月 07月 12月 
2017年01月 02月 03月 
2018年06月 12月