2008年 05月29日 (木)   癒し系
「瀬川さんって雰囲気癒し系なんだけど、中身は男性オタクっぽい」

先日、知人からこんなに的確なお言葉を頂きました。ありがとうありがとう。
ってか、それ、どんな人間だ。加えて小1の男の子なんかに「ママ〜シャワーがあつぅい〜」ってお呼びがかかる存在だからな(今呼ばれた)

癒し系で男性オタクな3児の母親(予定)
すげぇカオスだ(笑)。

あ、腹のお子様は男の子でした。
や〜ナマで「ウチの3兄弟」ができますね!←ヤケクソ。


*************************
昨日、無事にドラゴンボールZ(DBZ)のフリーザ編を見終わりました〜。最後の方は展開が冗長でたるかったけど、作画としてなら好印象。よく動いて、爆発して、壊れて、痛そうだ(笑)。影落しの段階表現といえばいいのかなぁ、特に素晴らしいと思いました。
後半は毎回そんな感じだったから、アニメーターさん大変だったろうなぁなんて。東映は枚数制限が厳しいらしいから、動かしたくても動かせなかったりするし、そういう意味でも苦労したハズ。

因みにグレンラガンは毎回枚数オーバーだったらしい(笑)。つまり予算オーバーって事ですな。しかしながらGAINAXプロデューサーは、DVDで絶対回収できるとにらんでたから、現場のやりたいようにさせてたそうだ。
っつか、その感覚、ガイナならではような気がする・・・

んで、全く意味ない思考ですけど、超サイヤ人って・・・カラーリング、ラビですね(笑)。見ながら「わははラビだラビだ」と思わずウキウキしてしまったのは業の深さでしょうか。
wikiで調べたら、DBZフリーザ編とGZって同時期の放送だったんですね〜。知らなかった。つまり当時ライブでは、GZ班、えりこ班、DBZ班が存在してたって考えていいかな。どのくらいの人数抱えていたんだろう・・・

しかし戦闘場面って、アニメーターさんの成長を本当に促すモノなんですねぇ・・・DBを見ながらしみじみ。
フリーザ編締めの前田さん作監はよだれ出るほど見事でした。さすが。

2008年 05月21日 (水)   ネタ濃すぎ!
何度もマンガの話をして恐縮ですが・・・今日もします(笑)。

巷で人気の「さよなら絶望先生」。なにやら超濃密の本気で内輪ネタ・元ネタばかりのネガティブハッピー・チェーンソーエッヂなマンガという噂を耳にしますが(なんのこっちゃ)、実は私、読んだ事ないんです。いやそもそも最近のマンガを読まないんだが(苦笑)。
つっか久米田康治さん自体にね、手、出してない・・・「行け!!南国アイスホッケー部」が本誌で載ってた時期の読者にもかかわらず。
告白します。すみません、連載当時、「ひねりもない下ネタにしか流せないマンガを描く人」って読みもしないでバカにしてました(土下座)

後年、大学の友人に、NOTオタクなのにマンガ鑑識眼の鋭い男の子がいて、この人が面白いと猛PUSHしたマンガ家は、後々必ずバカ売れしちゃうもんだから、彼が「南国アイスホッケー部ってマンガが好き」と呟いた時に、あ、久米田さんのマンガって私が思ってたのとは違うのかもしれないなぁ、いずれブレイクするかも・・・って思ったら、あらやっぱりそうなった、みたいな。

いやいや、久米田さんを話題にしたかったんじゃない。絶望先生のアニメ2ndシーズンの方。俗ね、俗。

密林でこのアニメのEDジャケットを目にしまして。
「マリオネット」ジャケ絵・・・アナタこれ、ダニエル君ダニエル君(爆笑)!!
かなり年季入った花ゆめ読者じゃないとピンと来ないよ〜!
濃い!濃すぎる!誰だこんなジャケ考えたの(笑)!

絶望先生はアニメでもネタがディープなんだなぁと感じた今日この頃でした。
うん、そんだけ。
(またか)


*************************
拍手押して下さる方々、どうもありがとうVv
コメの返信です。

★ffさん★
どうもどうも。老師つながりでビースト三獣士が出てくるとは思いませんでした〜。あぁ確かそんな曲名でしたね。話の概要は把握していても、作品自体は見た事ないってのが私の常なので(そんなんばっかりだ)、どんな歌かは残念ながら記憶にないのですが、ユーニ・チャームと大人になった彼女(が確か他キャラでいましたよね・・・)を描いて某誌に載った覚えはあります(笑)。う〜ん懐かしい・・・


★5/19 0:43の方★
こんばんは^^懐かしさにはやっぱり惹きつけられますよね〜(笑)。
あ〜あ〜!確かそんな場面あったあった!ヒドい十字くんってば。宇宙英雄が完結したのは知ってましたが、魔狼王も完結してたのか!それは知らなかった・・・わ〜読みたいな〜・・・
と、トラヒミ・・・あまり期待しないで下さい、ホントざっと描いた落書きのようなものしか載せられませんから・・・てか真面目にエロはないですよ(苦笑)。

2008年 05月18日 (日)   あの頃のマンガ
先日話題にした、「海人ゴンズイ」が忘れられない・・・って事から、思えば私って普通の園児や小学生とは違う、マニアな記憶を残しているなぁとしみじみと思いまして。

普通にりぼんとかの少女誌を読んではいたんですけど、記憶に残るのは、同人ノリ、身内ノリのあるマンガ。または奇妙な世界観のマンガ。かなり前に日記で話題にした事ありますが、母方のいとこがかなり年が離れていて、おまけに趣味がいいんですよマンガの(笑)。
そのおかげで園児期から同性愛マンガを許容している(というかセクシャリティとは何かを知っている)人種でした。どんな子供だ(笑)。

いやいやそんな話題をしたかったんじゃないです。

そんな風に昔の事を思い出してたら、ふと「あぁ、あのマンガどうなったのかなぁ」と気になりまして・・・コミックコンプ作品群の、魔狼王風雲伝(@沢田翔さん)と宇宙英雄物語(@伊東岳彦さん)
いや〜本っ当〜に

大好きでした(笑)。

基本的に児童書ファンタジーで育ってるハズなんですが、どーも完全異世界モノに慣れないらしく、異世界と現世界が何かしらリンクしてなきゃ、前のめりできないらしい・・・のです。これ、多分GZのせいだ(笑)。
で、魔狼王も宇宙英雄も現世界から異世界の扉が開かれる、いわゆる主人公が異世界に招待される話なんですよね。いやぁ、なんて分かりやすいんだろうね(爆笑)!

特に宇宙英雄物語は、世界設定も然る事ながら、何しろあのノリが!
有無を言わせない熱さと展開が好きで好きで・・・特にこのシーン。

※代役としてラビさんとフィエナ。
1コマ

主人公の護堂十字くんが、何でか忘れたけどヒロインの椎原咲美ちゃんの家に押しかけ、しかし咲美ちゃんは風呂に入ってて大慌てというお決まり(爆笑)!
あぁ、分かってる!老師(伊東さんの通称)、分かってるよなぁ!
開ける開けないのすったもんだしている所に、咲美ちゃんのお父様が帰ってきて、「痴話ゲンカは家の中でやりなさい!」と無理矢理玄関を開けた所・・・

巻いてたタオルがあれまー、ひらひらと舞い落ちる

みたいな。

(このお決まりのサービスがとてもイイ!!)

3人呆然と佇む中に、十字くんのこの反応ですよ!

2コマ

だははははは!!
ひーひー最高だ!なんつーか、この素直な3枚目的主人公って、今までのリアルSFファンタジーには有り得なくて、だから新しかったというか!
それに対しての咲美ちゃんもまた名言で、

3コマ

もう、これだけで宇宙英雄物語は読んだ人の記憶に残るマンガとなるハズ。

あ〜どうなったんだろう・・・最後まで読みたいマンガのひとつです。
知人に呼びかけても誰も持ってないだろうな・・・
そもそも私の買うマンガって、WJ群以外、持ってなさそう・・・

2008年 05月17日 (土)   つ、つんでれーしょん?!
ただ今ワタクシ、絶賛perfume新譜リピート中でして、その中の1曲に、日記のタイトルになってる歌詞がありまして。

つんでれーしょんだぜ、つんでれーしょん。
ツンデレよりはるかにインパクト大だよ!
しかも歌にしれっとカワイク入れちゃって、これきっと、動画サイトで大賑わいしてるハズだ(笑)。凄いなぁ、ヤスタカさん。造語も才能の内だよな。

あ〜ツンデレか〜。
きっとラビもツンデレ区分なんだろうなぁ。
(当然の事をいまさら)
私、ラビさんのキャラ性の影響で、ラビをツンデレって思えないから、ツンデレって聞くと頭に浮かぶのはライムなんだよね・・・。

ライム
ツンデレってか、ツン(デレ)。ツンはあっても、デレは心の中で終了させる人。
因みにフィエナもツンデレっちゃーツンデレなんだけど、誰も気付かない・・・あれだ、物腰が一見柔らかいからだ。


あ、虎ヒミマンガUPと共にTOPを変えようかと思ってます。
お楽しみに。


・・・・・・って あ〜!!
グレンラガンのDVD初回特典応募するのすっかり忘れてた〜!!
あれ何日?〆切何日ッ?!
5/30!

あ、あっぶね〜・・・危うく逃す所だった・・・

2008年 05月12日 (月)   アニソンあなどれない
現在我が家にはドラゴンボールZ(DBZ)旋風が吹き荒れております。
先日ダンナが、DVDを1巻から借りてきまして、息子'sもやはり男子の血が騒ぐのか、夢中になってしまいまして、「悟空がね・・・蛇の道がね・・・」と2人揃ってお義父さんにDVDレビューする始末。

まぁ、我がダンナ様も'70〜'80年代を謳歌している男子ですから、根っからのWJっ子で、北斗の拳や犬マンガ(流れ星銀)、キン肉マン、聖闘士聖矢、そしてDBにやたら詳しいです。逆に私はその洗礼を受けていないので、洗礼を受けている彼からすると、私の数少ないDB知識にあきれるみたいです。でも亀仙人=武天老師=ジャッキー・チュンは知ってたので、「君は知識が偏っている」と言われました。なんでもそうなんだよ(笑)。

っか、マンガ家とかマンガタイトルをやたら知ってるんだよ・・・
知ってると言えば、ジョージ秋山さんの「海人ゴンズイ」をリアルで見た人います?いやそれ以上にこのマンガを知ってる人、同年代の女子でいるのだろうか・・・
このマンガ、どう言い表せばよいのか分からないマンガなんですけど、とにかく幼い私(小学校低学年だったか?)に強烈な印象を残したマンガでして・・・(そりゃそうだ)。興味持った方は是非、検索してみて下さい。色んな意味で保障はできませんが、とにかく私はこれ以上、奇異と異常に満ち溢れたマンガを見かけた事ありません。

このマンガが掲載されてたWJを見たのは、当時行きつけの理容室でして、またこの店が結構コアなマンガを揃えてましてね〜。超人ロックを初めて見たのもこの店ででした・・・どーゆー店だ。

あぁ話がずれた。話題はDBZだった(笑)。

私、TV版DBZをまともに見たのってこれが初めてでして・・・結構新鮮です。
EDの「でてこいとびきりZENKAIパワー!」の素晴らしさにびっくり。何あの歌!ちゃんとアニソンなのに、POPで洗練されててかっちょいーなぁ。さすが池毅さん。
そして何より、「あれ?もしかして・・・もしかする?」と思ったら、やっぱりライブ作画回でした。
なんか・・・分かるね、ライブのクセって。
作品が作品だからかもしれないけど、やっぱり私の作画魂にはライブがすり込まれてるんだなって思いました。

いや今日はただそれを書きたかっただけ・・・です。
あぁ近所のTSUTAYA、GZがレンタル入ってました。思わず借りようとしました。
持ってるのに何してんの瀬川さんは(笑)。バーカバーカ。

・相方… (2008/05/12)
海人ゴンズイて…知ってるかも!と検索かけてみたら知らない漫画でした。行き着く先々でトラウマという四文字が飛び交っていたよー。そんな漫画がジャンプに掲載されるなんて良い時代だよね!そしてそんなマニアックな漫画を知ってる瀬川さん、流石だよね!

・管理人 (2008/05/12)
ほんとけ〜?!って結局知らない事になってるじゃん(笑)!
いや〜だって凄かったんだよ〜話がさぁ。得体の知れなさっつーか、とにかく奇妙であっち行ってる世界というのがアリアリなの!そりゃ記憶に残るわよ。見ちゃったら残さざるを得ないわよあれは。

知ってるよね〜マニアックなマンガ。マンガのタイトルだけじゃなく、作者名とか覚えてるから、小さくてもチェックしてたって事なんだろうね、いかにも私って感じだなぁ(笑)。
それもこれも小さい頃からマンガに飢えてたからよ・・・

2008年 05月10日 (土)   連休明けって
死ぬね。


そんなワケで今頃な話ですが、連休を満喫した後の仕事に追われていました・・・
土曜という事でやっと暇が取れ、ゆっくりしております。

いや実は朝から大掃除でてんてこ舞いだったんですけどね。
今日は父の1周忌で、お坊さんお呼びして我が家で法要したのです。法要といっても、ウチの家族とお義母さんと姉夫婦のみのささやかな法要なので、それほど忙しい思いはしていないのですが、片付けがね・・・何でこんなに散らかってるのみたいな。洗濯物たたんでない洗いモノ済ませてないのに、お義母さん来ちゃった(隣だから)、わぁー・・・あぁもういいや〜体裁なんか既に捨ててるし、どーせいらないモノは押入れに入れたしな、うんオーライオーライ!
(嫁として最悪)

で、お坊さんにお茶入れてる間、お義母さんは我が家の洗濯物をたたんでくれていました・・・なんかホントどんな嫁だ・・・そして謙遜せずそれに甘える私。
すみませんおかあさん。←ここで言ってもアナタ。

ってか大地誕、どうなったの瀬川さん。
(何も描いていません・・・)


*************************
まぁ特別隠す事もないしね・・・というワケで、ここ最近虎ヒミについて考える事が多いので、我が家の2人にまつわるあれこれについて語りたいと思います。
結構大人の関係についての個人的な思考も入り乱れて語ってますので、読む人は気をつけて下さいね。

以前キリリクで描いた海翔マンガのついでに余談で虎ヒミ?SSを書いたんですけど、その話って、ワタルと海火子とドードが「虎王とヒミコはしたのかしてないのか」っていう論争を繰り広げる内容でして。そんなの私しか書かないよって話ですね(爆笑)。
正直虎王と姉ヒミ以外のワタルキャラを深く考えた事がなくって、それでいて海翔・友情マンガというリクだったモノですから、「どうしよう・・・」ってなもんで。

私、一応虎ヒミ志向であるんですが、「あの虎王とヒミコがくっつくのか?」という疑問は常にあるんです(矛盾)。
いや「くっつくのか?」という問いは正確ではありません。正しく言えば「性交渉を促すようなモノが透けて見えるか?」ですね。余計性質悪ぃ。

TVの頃の無邪気にじゃれる虎王とヒミコにこの関係が私にはどうしても見えなくって・・・あれを考慮すると、私には虎ヒミのそういう姿は見えてこないんですよね〜。

いや虎王はね、分かるんです。
TVでの虎王→虎王伝説→虎王伝の歴史がありありと覗えますから、あぁなるほどこういう成長を辿るんだな、うん可能可能!みたいな。
つまり分からないのはヒミコなんですね。
TVでのあのヒミコから、愛探しの時の姉ヒミの段階が繋がりにくいというか・・・「あれがどうやってこうなるか、一体彼女に何が起こったの?!」と(笑)。

もともとのヒミコさえ「どうなるんだ・・・」って思いがあったのに、逆にあんなに見事な女性になっちゃって、あれじゃあ虎王頼りなくね?ダメ出しされるぜ〜絶対(何をダメ出しされるのかは虎王の名誉の為、割愛)!ってな感じで。

故にあの姉ヒミと虎王伝の虎王がくっつく・・・というか、大人の関係まで思考すると、私的には「いや、それはちょっと無理なくない?」って感じるのです。

だから私の姉ヒミは、どこか無邪気で奔放であり、そこはやっぱりヒミコなんだな、でもそういう所こそが、虎王とのそーゆー関係を可能にしてたり・・・と思えるようにしているのですが、実際はワタクさん達にどう思われているかは分かりません(無責任)

すみません、話、逸れました。

で、海翔マンガの「どうしよう」から、虎ヒミ以外のキャラを思考しだす事になり、その思考の延長線として、実際の2人を見ているワタルや海火子、ドード達こそ「虎王とヒミコが恋人?」という疑問を持つのではと、3人に言いたい放題言ってもらってるのがSSってワケですが・・・(この時の会話のテンポが気に入った故に、私のワタル2次はこの3人がよくつるむのです)
さてこれからが本題。

このSS、「そうなるんだろうな・・・」って匂わせるだけで、結局虎王とヒミコがどうなるのか、提示しないまま終わらせてます。
いや事実の判明はしてます。「やってない」って。
そう、つまり・・・「やってないなら、やらなきゃダメだろ」って話なんです(苦笑)。

そのSSの終章として、虎王とヒミコのコトに至るマンガを用意してたんですが、全体の話の雰囲気だと、どうしても場違いになるので削りまして(笑)。
意外と(当然?)のめりこんで描いていたんですが、まぁあっさりとばっさりと。いつか何かの機会にネタで出せるかもしれないし〜と、思って仕舞い込んだのが2年前弱。

で、オンリー打ち上げで「瀬川さん、虎ヒミ描いてくれ!」とありがたく仰って下さった方がいらっしゃってですね〜その時は「ちょっと無理です・・・」なんて言ってお茶を濁しちゃったんですが、後日ファイルをあさってたら、ヒョイと上の虎ヒミマンガが出てきまして・・・「あら、こんなトコに入れてたんだわ。これって天啓ってヤツですか?」と。あと微妙に「姉ヒミ描きたい」熱も手伝って、ザッとでもいいからサイトにUPしようかなと目論見があります。←つまり現在進行形。
以前描いてたヤツに足りない展開を加えてザザッと描いてますが、2年前と現在の絵が混在してて凄く笑えます・・・

ん、要するにGZマンガから寄り道して、虎ヒミマンガ描いてますと言いたかっただけ(笑)。



*************************
perfumeの新譜を借りてきました〜。
「チョコレイト・ディスコ」をやっと手に入れられて嬉しいっス!因みに私の頭の中ではperfume=マァチという図式ができあがっています(どんなんだ)

マァチ〜
立場をちゃんと自覚していているアイドルって所が、似てるなぁと(笑)。


では「シークレットシークレット」をBGMに、メルフォと拍手返信です〜。
★がメルフォ、☆は拍手です。

★きいさん★
その節はお世話になりました〜。
こ、こっそり・・・堂々と来て下さいな〜寂しいじゃないですか。そういう私もこっそり通うサイトばかりですね・・・あ、こんな所で申し出るのもなんですが、きいさんのサイト、伺わせて頂きました〜♪いやぁ〜ラヴで素晴らしいかったです〜。熱い・・・虎ヒミもだけど、きいさんが。凄いです流石ですもっとやって下さい。←何を。

SIGNO bitを早速お試しして下さったとは!
ハイブリットより良いでしょう〜?「出なくなった!」という事もホントないですし、軸の交換もできるし、マジでオススメなんですよ〜ウフフ、お気に召して頂けてよかったです。

「しつけの・・・」は自分でも上手いセリフ出てきたなぁと思ってました(笑)。こう・・・ネタ考えてる時は違うセリフだけど、いざ絵に下ろすと急に閃く事ありませんか?途端に冴えるというか、「これ、ビンゴ!」って感じで。そんな時、「私、やっぱりマンガしかない」と思います。その時だけ(笑)。

えぇえぇ、帰郷の際は是非〜!いや真面目に!も〜そういうの大歓迎ですから!
えへへ〜一緒に遊べるお友達ができて嬉しいですよ〜。VIVAオタク知人(笑)。

きいさんもお体に気をつけて、虎ヒミに励んで下さい!
私も細々と虎ヒミに励みます。


☆5/6 22:27の方☆
それはなんと珍しい・・・つか全くアピールしてないのに、よくぞよくぞ。極少で申し訳ありません(汗)。
あのセリフはホント、気に入られる方が多いなぁ(笑)。どうもありがとうございました〜。

2008年 05月03日 (土)   怒るよなぁ
昨日は朝からお腹がきゅうっと締まる?一日でして・・・朝っぱらから無茶な事をしたせいか、どうも腹の子が怒ってるらしい。

そんな状態で長男の参観とかPTA総会(オタクの口から出る単語じゃねぇよなぁw)とかで、あーこれ以上無理したら脂汗出てくんだろーなーみたいな、結構に切羽詰った状況でした。今日からGWで、ホントホッとしてます。まぁほぼ満日、家族的理由の予定で埋まっているのですが。

今日は博多どんたくに連れて行ってやろうかな・・・なんて考えているのですが、何しろ人が多い!!あれって単にパレード見るだけだから、立ちっぱなでかなり疲れるんだよね(笑)。
おまけに今日は天気良すぎて夏日らしい。
・・・考えただけでげんなり来る・・・

でも折角福岡に住んでいるんだから1回くらいは子供に見せなきゃなぁとか、今年は特別にねずみの国25周年記念とかでミッキーさん達のパレードが見られるようだし、現在親心と自我の間で葛藤してます。
三越はイタリアンフェアやってるし、川端ぜんざい食べてみたいし、多分ダンナを説得して電車でえっちらおっちら向かう事でしょう。

因みに明日は潮干狩りで、明後日は友人宅でバーベキューですよ!
これでいつ大地誕祝うと言うのか。


*************************
今、サイトUP用の、ちゃんとコマ割ったマンガ描いてます。
描いてるのは取説内にある「MY LITTLE GIRL」の序説に当たります。
(今回2部構成なのです)

わ〜なんか懐かしい・・・
こうやってGZマンガ晒すの久しぶりでちょっと感慨深いです。
つか、やっぱ絵が変化してますね…気を緩ませたら破滅しそうな方向へ。
いやナツムシでそういう事しませんから・・・


何年ぶりだろう・・・「Yes,my dear・・・」以来?
調べてみたらちょっきり3年ぶりでした(驚愕)。
そりゃあ絵も変わるわ。

GZマンガらしいモノを全く描いてないワケではないんですけど、あらかたネーム(兼下書き)描いたら飽きちゃう体質なもんですから、ごろごろとね、色んなマンガが転がってるワケですよ。
そもそも「オフで描くぞ〜」でサイト用マンガのストップを宣言していたので、個人誌できてもないのに、描くワケいけないよなぁみたいな。
そんなんでうだうだしてたら生活環境が変化していったもんですから、ねぇ。
はい、言い訳です。すみません。

要約すると、3年間何も産み落とさないまま妄想だけ続けてたら、あれまあ別のモノを産み落とす事になってますよ瀬川さんって事です。
(自虐的)

また生活環境も変わる事だし、やる気の現われとして景気付けにサイトマンガ描いてみるのもいいかなぁと、付き合うようになって間もない2人のあれこれを描いてみる事にしました。
とは言っても、手を入れる時間がそうそうないから、仕上がるのはまだ先になりそうですけど・・・飽きずに頑張りたいと思います。


*************************
メルフォ返信です。クリックでどうぞ。

★ffさん★
わ〜メッセージありがとうございます〜。
はい、その件は・・・覚えています(笑)。なんつーか、たとえ同じモノが好きだからといって、気持ちのあり方までも強要してはいけないと、理解しているようで理解していなかった私に原因の一端があるので・・・そもそもこちらの一方的なミスもありますし、私自身大雑把な性格の持ち主なもんですから、当時は気持ちのまま猪突猛進してしまって、ffさんへの配慮が足りず、浅はかでした。今でも申し訳ない気持ちでいっぱいです。すみませんでした。
ffさんも仰って下さったように、これからお付き合いができれば!
いえいえ深めましょう!えぇ是非!
(また強要してる人)

あ、お察しの通り、子供3人目です。
長男が今6歳(小1)、次男が4歳(年中)で、腹の子は17週目に入りました。どうもお気遣いありがとうございます。

リンクはですね、丸ごと、なんで。はい、丸ごと。
何もかも含めてそれがffさんだと思ってますので、どうかこのままでお願い致します。
ペコリ。

思いの丈、語って下さってありがとうございました。
ってか正直、本当にこのメッセ嬉しかったです!
因みに長いメールとかそういうのを読むの、好きです(笑)。

2006年09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 
2012年02月 06月 07月 08月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月 
2014年01月 05月 11月 
2015年02月 
2016年04月 05月 06月 07月 12月 
2017年01月 02月 03月 
2018年06月 12月