2008年 09月27日 (土)   用途が違う(笑)!
前回の妊婦検診にて、「出産時、何かご希望ありますか?」と尋ねられたので、「会陰切開はしたくないです・・・」と言いまして。
陣痛でうんうん唸ってる時に、切開されたって全然平気なんですが(そもそも局部麻酔するしな)、後が痛いんですよこれが股。なんつーオヤジギャグ(笑)。
立ったり座ったりする時、股間へ力かけないと難しいんだなと思い知らされます。モノ持つ時も力入るから色々と大変なんですよ。何しろ用をたす時がねぇ・・・難関なんだなぁ。
だから切開がなかったら、産後どれだけ楽なんだろうって思うんですよ〜。

そんなところに朗報。
一昨日の検診で助産師さんから驚きのヒトコトが!
「切開やりたくないんですね〜3人目だから大丈夫かもしれませんけど・・・ゆたぽん持ってます?」
まだ暑さが残るこの時期にゆたぽん?なんか意図が読めてきたぞ・・・
「いえ持っていません・・・」
「じゃあこんにゃくあります?」
こ、こんにゃくだってぇ?なんだなんだ使うのはダンナの方なの(爆笑)?
瀬川さん下品度高まってます。
「買えばありますね(笑)。」
「温めると会陰がやわらかくなるそうですよ。レンジか熱湯で温めて、タオルにくるんで・・・」
と身振り手振り(!)で説明する助産師さん。終いにゃあ股間に手を当てて、「15分程度で効果出るみたいですよ〜。じんわり温かいから気持ちいいし、寝る前にやってみて下さい!」と、にこっと満面の笑みでお話して下さいました。

マッサージという手もあるんですけど、腹がせり出してきてる身にとって、股間に手をやるのはなかなか辛い・・・そんなワケでこんにゃく試してみる事にします(笑)。

「瀬川さんのエロ話は面白い。もっとやって(笑)!」と言われたのでやってみました。つかこれ、エロじゃなくて下ネタの類だよね・・・


*************************
そ言えば先日、無印ドラゴンボール(以下DB)シリーズの視聴終わりました〜。ZもGTも見たから、全制覇した事になりますね。ダンナ曰く「スペシャルと映画版が残ってる!」ようですが、本編は全部見たって事で、いやあ〜無印まではムキムキテカテカさがそうないから、キャラへの拒否感はあんま感じなかったですね。逆に悟空を素直にかわいく見る事ができました。

特に青年になっての悟空のカッコ良さが際立ってるのがなかなかツボりました!相変わらずの超てきと〜な性格も良いですしね(笑)。なんでも簡単に受け入れるのが凄いです。なんなんでしょうね、あの順応性。

悟空(子供)
鳥山キャラ初描き〜。髪形は芦田キャラで鍛えてあるので(笑)そう変ではないと思うのですが・・・要は髪型に似合う顔を描けるかって事ですな。

悟空(青年)とチチ
鳥山さんがラヴコメ描くのが苦手なせいか(wiki参照)、原作ではさっぱりあっさりのチチとの馴れ初め⇒結婚らしいですね。アニメでは気恥ずかしいほどラヴを出してましたね〜(笑)。
鳥山さんは苦手でも、アニメスタッフはも〜全力で「チチを可愛く描いちゃろう!」という意志が漲っておりました。

ブルマ
しかしこの頃のアニメに対する世間の反応ってまだ大らかだったんでしょう・・・画面に出ないとは言え、ノーパン見せてんだもんなぁ・・・ぱふぱふとかよく言わせてたしな。
あ、因みに私、女の子キャラではランチさんが好きです。大人しい方ね。見た目が一等可愛いから(笑)。



*************************
ダメだ眠くなった。拍手返信、もうちょっと待って下さいませ。

2008年 09月23日 (火)   色々滞ってます
臨月入ってます。
つーかよく考えたら、あと20日程度で出てくるんですよ。
産休入ったらバリバリ描くぞ!と気合入ってるせいか、オタクな事もせず息子'sと戯れてます。

今日は義父所有の空き地で栗拾いしました。イガ栗からきゃあきゃあ騒ぎながら、火箸で一生懸命栗を掴む息子's。ビニール袋いっぱいに採れて大満足。秋の恵みバンザイですね。
どうやら今日は栗ご飯を作らされる様子。
しかし剥くのが大変なんだよね、栗って・・・栗剥き器、買って来ようと思います。

先日の日記へのコメント、どうもです。
返信、もうちょっと待って下さい〜。ノリノリで回答予定(笑)。

2008年 09月14日 (日)   振り返って仰天
描いた当時はそれほど気に止めなかったけれども、後日「凄い事考えたなオイ・・・」って経験ないですか?
本日かなり卑猥でえげつなくてシモい、ラビ×フィエナに関する「行為」の話なので目隠し。

確か1年半・・・もうちょっとなるかしらなりますね(笑)、ラビさんとフィエナの"恋人達のX'mas"決着マンガを考えた(っつーかネーム切ってまた放置中)事があるんですが、これがね、相当エロい話でですね・・・マンガそのものを露出するつもりはないのですが、まぁ概要だけでもお話ししない事には、この話の特異性が伝わらないと思うので、しようかと・・・思っているのですが・・・えーと、真面目に想像するとグロくて退く事ウケアイのとんでもない話なので、読む方は色々覚悟して下さい。



















今までX'mas限定企画でラビさん空振りマンガを3回描きましたが、次で打ち止めにしてやろうと思ってまして(笑)、まぁそういうマンガのネームをさらっと描いたのですね。しかしただただX'mas的な甘いマンガを描くのは(自分が)面白くないっつー事で、いつもならしない(何をとツッコんじゃやだ)んだろうけど、どっちもそういう考えアリで気合入ってるし、結婚後初めてのX'mas(っていう事らしい)だからつい無茶を・・・ってシチュを考えたのです。
えーと、前年フィエナが生理になっちゃって残念無念で迎えたX'mas、今年もそのパターンかよ!くっそー何でこんなについてないんだ俺ってさ・・・でもちょっとぐらいはいいよね、だってそもそもその気でここに来てるんだし、ホンのちょっとねってつもりだったんだけど、なんか止まんなくなっちゃった!みたいな。
まぁつまり、生理中にやっちゃうって話なんですけど・・・
因みに私は生理中にやった事ありません。そんな告白いりませんね。すみません。

私が生理通ってモノに悩まされなかった事もあるからでしょうが、期間直前から初期って身体が敏感になりませんか?胸とか張ってきません?カップが増したり、痛くなったり。
だから見た目を気にする事がないのなら、実は凄く気持ち良かったりするのかもしれないなぁ〜なんて思いまして、そういう思考が元になって、まぁネームを切っちゃったワケですね。それが「今から考えると凄いな」って事じゃないです。この話は考えた当初から「かなりぶっ飛んでる」と思ってました。ハイ。

ん〜まぁほら、ぶっちゃけする場所はホテルですから、シーツとか汚れたらねぇ・・・バツが悪いじゃないですか(笑)、いやラビさんは気にしなさそうだけど、フィエナは気にしそうだなって。だからバスルームで、湯舟の中で、こう、ゆっくりとね。自分達がまみれるのは気にしないっつーか、全てを洗い流してしまうシャワーじゃ情緒ないなぁって。
つまりどっぷりと退廃的背徳的な雰囲気を漂わせたかったんです。

湯舟の中で「女性の生理」についてのラビさんの見解なんかを語らせながら、2人はゆるゆると事を推し進めるんですが、敏感になってるフィエナはゆるゆるできない状態で、もう直後からギブアップ宣言っつーか・・・あ〜口で説明するより現物見せた方が早いわ(笑)。状況はエロですが、コマ自体はエロではないので出しますね。

※すみません、私のネームって絵の配置を先にやってしまうので、枠線を省略してしまい、おかげでコマが分かりにくいです。
1コマ



2コマ



3コマ


まぁ。まぁまぁこんな感じなんですが、いやぁ・・・これ、凄いなぁと。
当時は何の気なしに描いたモノですが、「入れただけでもうダメ」ってどんなんなの。「これ以上は動くな、そのままでいろ、自分を見るな」とか、意識を超える快感がそこにあるっつーか、好きとかの意識も飛んじゃって、上手く言えないんですけど、きっとフィエナには「ラビとしてる」という思考も、自分さえも無くなっていく感覚っていうのかなぁ、このシーンはそういう狭間なんだなと。特定できる人格から特定できない人格になる瞬間を明確に提示してるんじゃないかしら。
つまり彼女はトランス寸前で、これって原始宗教・シャーマニズムと同じじゃないか!と。

古代日本、五穀豊穣の祭りと一緒に歌垣(未婚男女の公式見合場のようなもの)があったのも、やはり性行為そのものが神と語らう尊い行為であったからだろうな、わーなんか頭では理解してたけど、殊更実感したというか・・・凄いなぁなんて思ったんです。
本来は「エロを如何にエロく描くか」だったのに、年月を経てみたら違う側面を発見して「なるほど!」とつい哲学してしまいました。

いや、偉そうに並べ立てましたが、以降の展開、しっかりとエロ満点なんですが。「何でブレーキかけるの?流されろよ自分にも俺にも!」みたいな感じで、ラビさん止まってやんないから(笑)。
すみません最後の最後で鬼畜オチ(汗)。

・サキオ (2008/09/14)
ちょっと遅ればせながらのコメ失礼します〜
エロからシャーマニズム、トランスへ。フィエナはそういえば巫女さんみたいな存在ですよね。月と関わりがあるし、月→経血→トランス、単語を抜き出すだけでも妄想が膨らみますvvvv(スイマセン、調子乗った。)

生理中のHといえば、昔、岡崎京子のpinkという漫画でそれを描いたシーンがあって印象的でした。雰囲気は大分違うんですが、このお話を読んで思い出しました。

・瀬川@管理人 (2008/09/14)
どうも〜Vv
巫女さんだから巫女がかり的っつーのはまた出来過ぎな!まぁ、私自身がそういうタイプの女の子に触手が動くっつーか清純が我慢できずにイケイケどんどんっての好きなんです(笑)。

男性って真実生理の事をどう捉えているんでしょうねー。いやね、この「生理中にやっちゃう」ってネタ、確かにワタクシゴトではないんですが、チジンゴトではあった事で(笑)、「生理をタブーに思ってない人もいるのね」と驚かされたもんです。
その話を聞く前に、とある男性から「好きな娘に頼んで(彼女ではない)、トイレで見せてもらった。本当に血が出ててびっくりしたと同時に、女の子って凄いなぁ大変だなぁと感心した」と聞いた事もあって、男性ってこぞって「経血なんか絶対見たくない」ワケではないんだなぁなんて認識を改めさせて頂いた事もありますね。そんな見聞きがあるから生まれた話とも言えるかも・・・

>岡崎京子のpinkという漫画でそれを描いたシーンがあって
姫野カオルコさんの短編にもそういうのがあったりします。女の子のその日の状態にもよるのでしょうが、生理中のエッチってそんなに特異な事ではないのかなぁ・・・絶対の安全日とも言われてますしね(あくまでそう言われてるだけですが)。

そんなワケで、えーと対面○位に始まって最終的に背後で中○し・・・いや展開が。
すみませんあんまりだったので、○で隠しちゃいました・・・確実に調子乗りました。

2008年 09月11日 (木)   ecoco!
極一部というか、ロリ視線で有名な通称"えここ"ってキャラがいるんですが、ご存知でしょうか?ペンギンの着ぐるみのようなワンピースを着た、茶髪ボブの女の子なんですけどね。何かのアニメキャラが突出して人気が出たのかなぁ、それにしては作品名がちらりとも出ないわと不思議に思っていたんですが、あれ、東北電力のキャラクターだったんですね・・・しかも渡辺祥智さんがデザイン(驚愕)。
なるほどなるほど。超個人的な懸念事項にやっと納得いきました。


*************************
ここずっと見積り+お義父さんのご機嫌(事務所内環境レベル;劣悪)と格闘していました。おかげで見積りがなかなか完成せず、そのせいで夫婦仲不和まで至りましたよ(爆笑)。
ホント、大げさではなく腫れ物を触るような毎日で、事務員3人(お義母さん・社員さん・私)が3人共、お義父さんの一挙手一投足に右往左往です。大抵が理不尽な言いがかりと所構わずな悪態なんですが、それでも「ハイ!」と頷かなければいけないのが、ワンマン社長体制の辛い所でしょうか。ま、仕事ですからね。お給料頂いていますから。

身内事ですから具体的には言いませんが、やっぱお義父さんって凄いとは思うけど、難儀なお方ですなぁ。色々と超越していきますよ。
ダンナの高校からの友人が、口を揃えて「アイツの父親以上の人間に会った事ない。とにかくインパクトある。凄い。」と言ってたんですけど、いやぁ真面目にそれ、実感する(笑)。そしてお義母さんを本当に尊敬するわ〜・・・

そうそう、仕事関係でずっと勘違いしていた事がありまして、給排水設備の業者さんが水廻りの設計図の事を「ショウニンズウ」と言うんです。「ショウニンズウ」・・・「少人数」?
もう1人の事務員さんと「何故『少人数』なんだろ・・・個人住宅だから?」と言っていたのですが、実は「ショウニンズウ」じゃなくて、「ショウニンズ」と言う事が先日判明致しました。
「ショウニンズ」・・・あぁ!「承認図」ですか!それなら分かるよ(笑)!
ダンナに聞く前で良かった。バカにされる所でした。


*************************
メルフォお返事です〜。どうもありがとう〜Vv
メッセ送るのって最初の一歩に超勇気いるんですよね・・・私もいつかいつかと思いながら、未だに送ってない方が・・・産休に入ってから考えよう(笑)。

★ぷーさん★
わーいぷーさんおひさしぶりです〜。うん、10月から産休です。予定日は12日ですから、ギリギリまで働く事になりますね〜。復帰は保育園の事もあるから、4月からが良いな〜とか思っているんですが、多分年明けすぐになるでしょうなぁ・・・休暇中は同人活動を精力的に頑張る予定です(笑)。

どこかで「忍先輩好き」って言ってましたね〜。何となくそれ、分かりますよ。ぷーさんならそうだろうなぁって。私がすかちゃん愛ってのも非常に分かりやすいと思いますが(笑)。
まぁ本当に「今になってドラマ・・・?」ですよね。「花ざかりの君たちへ」の成功が起因しているんでしょうか。同じ男子校モノって事で。瞬は・・・女装じゃダメですよねー!どう見たって女の子にしか見えないのに、それでいてちゃんと男性って所が瞬の役どころなんですから、無理せず女優さんで行けばよかったのになー。それだったら見たかもしれない(笑)。

アニメ化も既にOVAでの成功がありますしね〜。今時代、OVAでの主流はスタッフと購買ターゲットがどれだけ気合を入れられるか(作画オタ的またはあざとい萌え要素)にかかってたりするので、GWのような「要素をちりばめてはいるけど、実際は日常群像劇である、地味な作品」というのは流行らないかもしれませんね。
すかちゃん変わっちゃいますかね?今の望さんの声ってのが分からないので、というか声にあまり執着がないので、変わっても何も思わないかもしれない・・・あはは。

「月光」良いでしょう?ハッピーエンドとは言い難いのかもしれませんが、私はあの締め方に非常に満足しています。凄く大人の終わり方だなと。「天使とダイヤモンド」も懐かしいなぁ!面白かったのになぁ〜中途半端に終わっちゃって残念。
那州さん、大好きです。

2006年09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 
2012年02月 06月 07月 08月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月 
2014年01月 05月 11月 
2015年02月 
2016年04月 05月 06月 07月 12月 
2017年01月 02月 03月 
2018年06月 12月